横浜の観光いろいろ

横浜の画像

横浜赤レンガ倉庫はイロイロなお店が入って楽しめます

横浜赤レンガ倉庫の画像

横浜みなとみらいから徒歩10分程の海沿いに横浜赤レンガ倉庫があります。 1911年に国の保税倉庫として画像の2号館が先に建てられ、1913年に1号館が竣工されました。 その後関東大震災などを経験し半壊などの影響を受け現在に至ります。今は綺麗になりましたが、90年代には 落書きをされるなどの被害にも多く遭っていました。

開港の港だった横浜の歴史に染まった赤レンガ倉庫は日本の歴史を感じさせます。

横浜赤レンガ倉庫の画像

赤レンガ倉庫の壁をアップして撮影するとこのようになります。 汚れの無い赤レンガではなく、それぞれが色が異なるので遠くから見た時にも重厚感や時間の蓄積を感じさせます。

横浜赤レンガ倉庫の画像

今は落書きもされていません。ちなみにライトアップされるイベントもあるようなので、 その時期は特にキレイだと思います。観光の時はタイミングを合わせると良いかもしれません。

横浜赤レンガ倉庫の画像

1号館から2号館方面を見ます。かつては昭和40年代頃に0系新幹線などがこの辺りを搬送されていた ようです。手前のやや色の違う部分に昔は線路が敷かれていたのではと思います。 公式:横浜赤レンガの歴史

遠くには横浜ベイブリッジが見えます。

横浜赤レンガ倉庫の画像

赤レンガ倉庫の内部に入ってみます。フードコートや雑貨屋など多くのお店がテナントとして入っています。

内部の壁は見て分かるように赤レンガです。これは2000年代の内部の改修工事で 歴史的建造物の記憶を留めるために部材を残したと公式ページに記載がありました。 内部の壁が真っ白だったらまた雰囲気も変わっていたはずです。内部も赤レンガであるからこそ 商業施設として雰囲気が良く出ていると思います。

横浜赤レンガ倉庫の画像

食品サンプル屋がありました。最初は珍しいサンドイッチ屋かパン屋かと思いましたが、 残念なことにサンプルでした。空腹だと何でも食べ物に見えてしまいます。赤レンガ倉庫には、こういった面白いお店が 沢山入っています。

横浜赤レンガ倉庫の画像

次に避雷針が展示されていました。ここは展示の仕方が面白く人の目線の高さではなく、 足元に埋め込まれているので大変見やすかったです。避雷針を見る機会は無かったので大変興味深いものでした。

横浜赤レンガ倉庫の画像

2号館の案内図です。赤レンガ倉庫は3階立てになっており、1階は主にショップ、フードコート、 2階はスペース、ショップフロア、3階はグルメが中心です。 1階の方がショップが多いので1階から観光されると良いと思います。

横浜赤レンガ倉庫の画像

こちらは1号館の内部です。こちらも先ほどの2号館と同じく内部は赤レンガになっています。 所々補強のためか鉄骨のようなものが見えます。夏は冷房が効いているのでやや涼しいです。

横浜赤レンガ倉庫の画像

1号館から2号館を眺めます。

横浜赤レンガ倉庫の画像

左側に見えるのは大桟橋です。時々船が停泊しているようです。

横浜赤レンガ倉庫の画像

ここは正面が海で観光客や修学旅行の学生が多くいました。遠くにベイブリッジも見えます。 潮風が何とも気持ちの良いところです。

横浜赤レンガ倉庫で買ったハンバーガー

今回は KUAAINと言うハンバーガーショップで昼食を買いました。1,000円もするハンバーガーと価格は高く、「活けイカ定食」と迷ったのですが、こちらにしました。

横浜赤レンガ倉庫の画像

少し潰れてしまいましたが、野菜も多くビーフの香りがありましたので美味しかったです。 他にも赤レンガ倉庫のフードコートにはイカセンターや崎陽軒も入っていました。

公式:横浜赤レンガ倉庫

前のページに戻る