横浜の観光いろいろ

横浜の画像

横浜から箱根へ行くおすすめルートは?

箱根の画像

横浜から箱根へ向かう際のおすすめルートは「東名高速+小田原厚木道路」「横浜新道+1号線+ 西湘バイパスルート」です。基本的にはこの2つのルートが最短です。他にも 静岡県の御殿場icまで行って乙女峠を通るルートもありますが、こちらは仙石原に行かれる方や 箱根湯本付近で大渋滞をしている時におすすめです。

箱根は箱根と一言で言っても「湯本」「小涌谷」「強羅」「芦ノ湖」「仙石原」と広いので 実はルートがたくさんあります。目的地が箱根湯本ならば1号線を使うか、箱根新道を使って 須雲icで旧東海道を使うというルートもありますし、芦ノ湖や仙石原が目的地ならば箱根ターンパイクを 利用するというのも方法です。

このように目的地が違えば、ややルートが変わることも箱根の特徴です。


横浜のどこに住んでいるかによって異なるルート

横浜羽田道路の画像

また横浜と言っても、横浜駅周辺や西部の瀬谷や二俣川、北部のあざみ野やたまぷら、南部の戸塚と どこに住んでいるかによっておすすめルートが変わります。

例えば、北部の青葉区や瀬谷区に住んでいる方は東名高速を使われる方が箱根のアクセスは簡単です。 一方、金沢区や南区に住んでいる方は横浜新道や1号線を利用して、新湘南バイパス+西湘バイパスを利用される方が 時間的にも短縮されます。場所によっては保土ヶ谷バイパスを使って東名に出るよりも横浜新道や新湘南バイパスの方が 早く行けます。

今後、特に期待されることは「横浜環状南線」の開通です。釜利谷jctと藤沢icが結ばれることで 湾岸線や横浜横須賀道路から西湘方面へのアクセスが抜群に良くなります。 2020年以降にこの道路が開通すれば、鶴見やみなとみらいなど横浜駅周辺の方や 栄区・港南区・磯子区・南区・中区に住まわれている方、こちらを通る方がきっと早く箱根へ行けるでしょう。


箱根のそれぞれのルート

箱根の目的地別のルートです。大きく分けて「下から向かうルート」と「一度上ってから下るルート」があります。



箱根湯本 : 《小田原厚木道路または西湘バイパスから国道1号線小田原箱根道路終点を利用。また混雑時は箱根新道を利用し、 須雲icで旧東海道箱根湯本方面へ向かう》

宮の下 : 1号線で渋滞にハマりながら粘って向かう、または箱根新道で芦ノ湖へ向かい、そこから1号線を 下って向かう。(東京方面へ向かう、つまり一度山に登りそこから下るルート。渋滞しにくいルート)

強羅 : 宮の下ルートを利用。

仙石原 : 以下の「芦ノ湖/元箱根」を参照。また富士山などの景観を楽しむ場合は西湘バイパスまたは小田原厚木道路から箱根新道または箱根ターンパイクで 1号線箱根峠を目指し、芦ノ湖スカイライン(富士山が見える)を利用して、湖尻まで向かう。 または東名御殿場icで乙女峠方面へ向かう。(GWなどの推奨ルート)

芦ノ湖/元箱根 : 西湘バイパスまたは小田原厚木道路から箱根新道または箱根ターンパイクを利用。 途中で75号線の椿ラインを利用。箱根関所南へ。

このように目的地によってルートが変わります。

箱根温泉は日本でも最高の温泉地

箱根は関東を代表する日本屈指の温泉地です。特に箱根は露天風呂付きの客室の高級旅館が多い場所で、湯本や強羅、仙石原など それぞれ素晴らしい宿が建ち並びます。家族連れでの旅行はもちろん、恋人や夫婦も数多く旅行するため、 日本の中でもレベルの高い宿が多くあり、休暇には最適の地です。

かつて2015年は小規模噴火を起こして観光客が減りましたが、現在は多くの観光客が温泉で体を休ませています。

前のページに戻る